========================★ P o w e r N e w s (R) ★=======================
                     http://www.grapecity.com/tools/ 
============================ 2016.7.14 No.451 ============================

PowerNews> CONTENTS

◎◎PowerNewsアンケート
■1. 社内SEならではの使い方 - ComponentOne導入事例 -
■2. ActiveXからの移行。見た目も操作感もそのままですか?
■3. 否応なしに時代はクラウドサービス化。そろそろSalesforceでも見に行くか
■4. 夏期休業期間について ― 新しい祝日への対応はお済みですか?

◎編集後記 [マイルールはやがてノールールに]
◎配信先の変更、配信中止方法ほか

◎◎ PowerNewsアンケート
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  【前回の質問】あなたが聴く音楽は、どのように入手していますか?(複数回答可)

         ・インターネットの配信サービス(無償)      38%
         ・インターネットの配信サービス(有償)      33%
         ・CDなどの媒体をインターネットのお店で購入  33%
         ・CDなどの媒体をお店で購入                  29%
         ・レンタルショップで借りる                  25%
         ・TVやラジオ                                21%
         ・その他(フリー回答)                      17%

  【有効回答数】24件

  【お寄せいただいたコメント】
     ・Google Play MusicとAmazonのPrime Musicがあれば、それで十分。
     ・タワーレコードオンラインをひいきにしています。
     ・あまり聴かなくなったかな。
     ・あまり音楽を聴いたり、購入しませんが、
       購入するときは携帯の着うた配信サイトからダウンロードしたりします。
     ・レンタルは宅配レンタルを利用しています。
     ・新しい音楽に出会うきっかけは、テレビやラジオ。
       ダウンロード販売しかない場合のみ、配信サービス。
       それ以外は、必ず媒体を購入します。
       CDジャケットや、歌詞カード(?)を楽しみたいので、媒体にこだわり
       ます。身内に音楽関係者がいて、ジャケットデザインや素材にまで
       こだわっているのを見ているので、それを堪能したいと考えています。

  ★編集部より
    音楽との関わり方が多様になった現在。
    いまやレンタルショップでCDを借りる人やCDを購入する人が
    少数派になり、多くの人がインターネットで入手しているようですね。
    かく言う私も、YouTubeでミュージックビデオなどを視聴し、
    自分の好みに合致する音楽かどうか確認してから、
    購入しています。

    購入する際は、ジャケットのデザインが良ければ
    CDとして購入、そうでなければiTunesストアで
    購入という自分ルールを作り、音楽と関わっています。

    コメントをいただいた方の中には、音楽関係者が
    身内にいらっしゃる方もおられました。
    苦労や努力を間近で見ている分、こだわりを持って
    音楽に関わっているんだ!という気持ちが
    ひしひしと伝わってきました。
    また、応援したいという気持ちも感じ取れました。

    さて、「応援」といえば、スポーツを想像する方が多いのでは
    ないでしょうか?
    そうです、ついに目前となってきた
    「リオデジャネイロオリンピック2016」!
    今年は28競技306種目だそうですが、
    皆さまの興味・関心のある競技はありますか?
 
  【今回の質問】
     「リオデジャネイロオリンピック」の注目競技は?(複数回答可)
            ・100メートル走
            ・マラソン
            ・サッカー
            ・テニス
            ・体操
            ・柔道
            ・卓球
            ・ラグビー
            ・フェンシング
            ・水泳
            ・シンクロナイズドスイミング
            ・バドミントン 
            ・レスリング
            ・その他

  回答フォームはこちらへ
           ==> http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN/Survey/ 
                            (回答締切:7月22日 18時00分まで)

  ●質問を大募集!●

  送信はこちらへ ==> https://www.grapecity.com/tools/feedback/ 
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


==========================================================================
■1. 社内SEならではの使い方 - ComponentOne導入事例 -
--------------------------------------------------------------------------
IT活用が業務に不可欠になった昨今において、重要性を増しているのが
社内情報システム部門で活躍するITエンジニア。いわゆる社内SEの存在です。

社内SEは、社員の立場からシステムを企画・開発することができ、経営戦略や
業務改善などに深く携われるのがメリットの一つと言われますが、現場に近い
ため、各部署から多くの要望が入ります。システムの開発・運用を担う社内SE
としては、“何でも相談できそうなキャラクター”も重要になるそうです。

「社内の人間に、システム化すれば楽になるということがバレてしまいました」

こう明るく話すのは、株式会社 東京機械製作所で社内のさまざまなシステムに
携わっている3人です。

東京機械製作所様が販売するのは、巨大なオフセット輪転印刷機。
その製造を支える『設計情報管理システム』にComponentOne Studioが使われて
います。
もともとはUNIXベースで作成されていたシステムを2008年に.NETへ移行した
際に、「FlexGrid」などを採用したことが製品利用のきっかけでしたが、現在では
FlexGridはもちろん、ComponentOne Studioに収録されている多くのコンポーネント
を導入いただいています。

『あのExcelなんだけど、何とかシステム化できない?』
『この業務工程、システムで対応できないかな?』

東京機械製作所様では、こういった社内からの要望に対し、コンポーネントセットや
サブスクリプションといったComponentOne Studioの特長を最大限に活かした提案と
開発を繰り返し、業務改善を行っています。
社内SEならではの開発手法について、詳しくお話を伺いました。

≫≫ コンポーネントの機能からヒントを得て提案!?
     そこには、社内SEならではの製品の使い方がありました。
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/tks/ 


==========================================================================
■2. ActiveXからの移行。見た目も操作感もそのままですか?
--------------------------------------------------------------------------
前号のPowerNewsで紹介しました、グレープシティの導入支援パートナーとなった
株式会社エクサ様。VB6.0からVB.NETへの移行を実現するVBマイグレーションに
特化したサービスを提供しています。

また、グレープシティとの共同セミナーを開催している導入支援パートナー、
エス・ビー・エス株式会社様も多くのVBマイグレーション案件を扱っています。

弊社への問い合わせにもVBマイグレーションに関するものがまだまだ多く、
Windows 7のサポート終了も近いだけに、移行を急ぐ方もいらっしゃるようです。

そんな移行案件ですが、要件の傾向としては主に以下の2種類に分けられます。

(1) 見た目、機能、使い勝手もそのままで.NETに移行したい
(2) .NETの新機能を取り込み、アプリケーション自体をグレードアップしたい

導入支援パートナの各社様でも弊社へのお問合せでも、どちらの要件が
多いかというと、圧倒的に(1)です。
特にエクサ様が提供するVBマイグレーションは、(1)の要件に適した
サービスです。

でも、.NETを知り尽くした開発者から見れば、せっかく便利になった機能を
使わないでそのまま移行というのは、もったいなく感じますよね。
それに、アプリケーションのデザインや操作感にも
トレンドというものは存在します。

例えば、Excelで大量の顧客データから「女性」だけを絞り込みたいとき、
どのような機能を使いますか?
当たり前のように「フィルター機能」と答える方がほとんどだと思います。
また「フィルター機能」を知らない、という方にこの情報を教えると
間違いなく喜ばれることでしょう。

Excelライクな操作性の表計算コンポーネントといえば、SPREAD(スプレッド)
ですが、ActiveX版にはこの便利なフィルター機能は搭載されていないのです。
SPREADのフィルター機能(フィルタリング)は、.NET以降で追加されました。
しかも、プロパティ設定だけで簡単に実現できます。

上記はあくまで一例であり、.NETへ移行すれば、環境対応だけではない優れた機能が
たくさん付随してきます。
同じ再開発を行うのなら、(2)の方が断然お得なのです!

.NETならできるSPREADの機能のうち、代表的なものをWebページにまとめています。
是非、移行案件の参考にしてください。
エンドユーザー様が(1)を希望しても「こんなこともできるようになるんですよ!」
という説得材料にも使用してください。

≫≫ .NET版SPREADはすごいんです
    http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/migration/ 

≫≫ エンドユーザー様への提出用にPDF形式もご用意しています
    http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/migration-pdf/ 


==========================================================================
■3. 否応なしに時代はクラウドサービス化。そろそろSalesforceでも見に行くか
--------------------------------------------------------------------------
江戸末期の浦賀に突如現れた4隻の黒い蒸気船。「太平の眠りを覚ます上喜撰
たった四杯で夜も眠れず」の川柳に詠まれたように、ご先祖様たちの平和で
のんきな生活はこの日から一変しました。

あれから150年ほどたったころ、今度は空から突如として黒い「雲」が現れて
日本のIT業界のあり方が一変させられました。今では、インフラもデータも
アプリケーションもみんな雲の上に置くことを考えなくてはならない始末。
個々の事情やセキュリティへの不安があっても、クラウドという選択肢は
もう無視できません。

どうしてだか、自由の国の人たちは私たちに定期的に抗えないほど重量級の
衝撃を与えることがお好きなようです。

ホワイ!? ジャーパニーズ ピーポー!!!!!

とか自由の国から来た厚切りの人に言われてますが、その言葉をそっくり
そのままお返しして差し上げたい。

が、しかし。クラウドサービスは実際とても便利です。サーバーの寿命とか
アプリの配置とか考えなくていいし、使った分だけお金を払えばいい。
減価償却しなくていいし、SaaSに至ってはプログラミングの必要もありません。
先月開催された「AWS Summit Tokyo 2016」で、厚切りさんはこんなことを
言っています。

「クラウド導入を試さない意味がない。導入に抵抗があったとしても、理由を
  冷静に分析すれば抵抗がなくなるはずだ」

まさに黒船。現代版ペリーさん。でもしょうがないんです。だって、その通り
だから。否応なしに時代はクラウドサービス化してしまったのです。

何をいまさら!という人も、これからの人もクラウドサービスを念頭に置かな
ければなりません。ということでクラウドサービス提供の草分け的存在の
セールスフォースドットコムが主催するカンファレンスを視察に行って
みませんか?

7月20日と21日に虎ノ門フォーラムでクラウドサービスに関するさまざまな
セッションが行われます。開発者向けのカンファレンスは21日に行われます。

グレープシティもSalesforce上のデータをExcelライクに編集したり参照したり
できるスプレッドシート「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce(ベータ版)」
を展示エリアにて紹介します。

詳細とお申し込みはこちらから。事前登録で参加費用が無料になります。

≫≫ Salesforce Summer 2016 TOKYO
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/Salesforce_event/ 

≫≫ グレープシティのSalesforce向けソリューションについて
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/Salesforce_grapecity/ 


==========================================================================
■4. 夏期休業期間について ― 新しい祝日への対応はお済みですか?
--------------------------------------------------------------------------
夏期休業を下記のとおり、お知らせいたします。

  2016年8月11日(木) ~ 8月15日(月)
  ※8月16日(火)より通常営業いたします。

休業期間中は、ソフトウェアアクティベーションの再認証リクエスト、
テクニカルサポート、営業窓口、出荷業務のすべてのサービスを
停止させていただきます。
また、休業期間中にいただきましたお問い合わせは、休業が明けてからの
営業日に順次受け付けし、ご返答させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

…以上、業務連絡でした。

ところで、今年のカレンダーには新しい祝日がありますね。
皆さまもご存知かと思いますが、8月11日の「山の日」です。
この祝日に合わせてお盆休みを取られる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、祝日が増えたり移動したりすると、システムやアプリで使用して
いるカレンダー側でも対応が必要になるため、開発者にとってはあまり
嬉しくない出来事かもしれません。

グレープシティの製品にもカレンダー機能を提供するコンポーネントが
ありますが、.NET製品の場合は、設定ファイルを更新するだけで新しい
祝日に対応できます。
コードに手を加える必要がないので、運用中システムでの対応も簡単です! 

対応方法の詳細については、以下のページをご参照ください。

≫≫ .NET製品についてはこちら
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/shukujitsu1 

≫≫ VB6用のInputMan Pro 7.0Jについてはこちら 
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/shukujitsu2 


◎◎ PowerNews編集部より -------------------------------------------------

◆◆ 編集後記 ◆◆[マイルールはやがてノールールに]
ジメジメしたこの時期は、いつ梅雨明けするのだろうと毎日同じことを思って
しまいます。

アメリカ航空宇宙局(NASA)の気象学者は、今年4月の世界の気温と海水温が
観測史上最高を記録したことから、99%の確率で『2016年の年間平均(気温)は
観測史上最も暑い年になる』と発表しました。

記憶に新しいところでは、先週7月7日の七夕の日には、東京都心で今年初の
37度越えを記録し、仙台のこの暑さでも毎日暑くてヒーヒー言っているのに今年
はどうなってしまうのだろうと、今から気がかりでなりません。

私は普段から体を冷やさないようにするため、なるべく冷たい物の摂取を控える
というマイルールを設けておりましたが、この時期の30度を超える猛暑に
耐えかねてスターバックスコーヒーでメロン&クリームフラペチーノを飲んで
しまいました。

久しぶりに飲んだ冷たいフラペチーノは、一口で熱気を帯びた体に染みわたり、
一撃ノックアウトでフラペチーノの虜に!

マイルールでは、「暑いときは大目にみて冷たい飲み物も飲んでよし」としていたの
ですが、次第に飲みたいという欲求に負けて暑さに関係なく、仕事を頑張ったから、
給料日だから、週末だからと、色々と理由をつけては飲む頻度が増え、今となっては
なんでもありのノールールに…。

一度虜になるとそう簡単にはやめられないものですね。

巷ではコーヒーゼリー系の飲み物がブームだそうです。
お店の近くをとおりかかった際には、皆さんもぜひ甘くてひんやりの私のおススメ
ドリンクを飲んでみてください。きっと、暑さを吹き飛ばしてくれるハズです。

冷たい物の摂りすぎには注意が必要ですが、夏バテをしないためにも暑い日には
適度に冷たい物を飲んでこの夏を乗り切りましょう!(spring)

≫≫ 柔らかなコーヒーゼリーとコクのあるバニラソースが絶妙なバランス!
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/starbucks/ 

≫≫ ほろ苦いぷるぷるのコーヒーゼリーと優しい甘さのソフトがベストマッチ!
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN451/bikkuri-donkey/ 


◎◎ 関連Webサイト -------------------------------------------------------

  ●PowerNewsの配信先の変更、配信の中止はこちらへ
    ==> https://www.grapecity.com/tools/support/powernews/unsubscribe.htm 
  ●PowerNewsへのご意見、ご要望はこちらへ
                            ==> https://www.grapecity.com/tools/feedback/ 
  ●PowerNewsのバックナンバーはこちらへ
         ==> http://www.grapecity.com/tools/support/powernews/archive.asp 
  ●グレープシティ、PowerToolsについてのお問い合わせはこちらへ
                       ==> http://www.grapecity.com/tools/aboutus/contact 
 
・GrapeCity、PowerTools、PowerNewsはグレープシティ株式会社の登録商標です。
・PowerNewsは表示幅を半角74文字以上にして等幅フォントでご覧ください。
・受信および開封通知や自動応答の設定はなるべく解除してください。
・複数回にわたってメールを配信できなかったアドレスは登録を解除させて
  いただきます。
・非営利印刷物に限り出所を明示していただければこのニュースを自由に転載
  できます。その他の場合は弊社にご相談ください。
・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記載されている会社名、製品名は弊社および各社の登録商標または商標です。
----------------------------------------------------------------------◎◎
■発行人:馬場 直行      ■編  集:PowerNews編集部
■発  行:グレープシティ株式会社
  981-3205 宮城県仙台市泉区紫山3-1-4
  Phone: 022-777-8211  Fax: 022-777-8231
Copyright(c)2016 GrapeCity inc. All rights reserved. 
==========================================================================