========================★ P o w e r N e w s (R) ★=======================
                     http://www.grapecity.com/tools/
=========================== 2016. 12.08 No.460 ============================

PowerNews> CONTENTS

◎◎PowerNewsアンケート
■1. グレープシティのExcel愛がついにSalesforceに登場。UIで働き方が変わります
■2. Visual Studio 2017のリリースはいつ?対応するコンポーネントセットは?
■3. 年末恒例企画:20名様にプレゼント!2017年GrapeCityカレンダー
■4. Webテクノロジーのトレンドが学べるセミナーを開催しました
■5. 【余裕を持ったご注文にご協力ください】年末年始休業のお知らせ
■6. サポートサービスからのお知らせ

◎編集後記[3.9+5.1=9.0が正解にならない]
◎配信先の変更、配信中止方法ほか

◎◎ PowerNewsアンケート
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  【前回の質問】ボーナスは何に使う予定ですか?(複数回答可)

         ・そもそもボーナス自体ない            21.9%
         ・貯金                                18.8%
         ・ゲーム/パソコン                    15.6%
         ・旅行                                 9.4%
         ・家具/家電                           6.3%
         ・飲み会/交際費                       6.3%
         ・プレゼント                           6.3%
         ・夢のマイホーム購入/リフォーム       3.1%
         ・自動車購入                           3.1%
         ・使い道がない                         3.1%
         ・その他(フリー回答)                40.6%

  【有効回答数】32件

  【お寄せいただいたコメント】
     ・中学からの友人と約束していたUSJに行こうかと考えています
     ・オートバイの修繕費
     ・ビットコインかコンプガチャに盛大に使おうかな
     ・株式投資
     ・嫁に任せますが、 夏冬それぞれで、6万づつ私が貰います。その行方は、
       PC購入その他の積み立てです。MacBook Pro …次のモデルまで待とうかな
     ・2017年、PS4のゲームが熱いので、少し買う予定です
     ・ボーナス前にxbox-one と Gears Of War 4 を衝動買いしてしまったので
       貯金です…貯金してない?
     ・車検代。最近それ以外はすべて貯金している気がします
     ・ダンナが営業する店の運転資金に回ります。個人事業は大変みたいですよ
      会社勤めのほうがずーっと気楽だわ
     ・資格取得の軍資金(通信教育、受験料)・ローンの返済
     ・毎月の足りない生活費の補填です
     ・クレジットカードの返済で吸い取られていき、気付いたらなくなって
      います。ご利用は計画的に…ですね。
     ・エステ代30万の請求が来てるので、それの返済にあてます
     ・借金返済
     ・麻婆茄子の仲間かな?

  ★編集部より
    年末のワクワクする話題の一つとしてボーナスをテーマにしてみたのですが、
    「貯金」という堅実な回答が上位に来ました。寄せられたコメントにも貯金や
    ローンの返済がいくつか見られ、ボーナスは使うというより、貯めたり、
    すでに使い道が決まっているものなのかもしれませんね。

    ただ、これはボーナスに限った話ではないようです。

    平成27年度の「宝くじ長者白書」によれば、1000万円以上の当選金を
    受け取った人の約45%が貯蓄、約16%が借入金の返済にあてている
    ようです。

    <当せん金の使い道 トップ5 (※出典:宝くじ公式サイト)>
    貯蓄          44.8%
    土地・住宅の改築や購入 16.8%
    車の購入        16.3%
    借入金の返済      16.3%
    旅行          15.7%

    大きなお金が入っても、使い方は堅実に。日本人の気質がそうなのか、
    景気的なものがそうさせるのか、正確にはわかりませんが……。

    ところで宝くじといえば、今年ついに当選金が前後賞あわせて10億円に
    なった年末ジャンボ。普段は宝くじを買わなくても、年末ジャンボだけは
    年末恒例のイベントとして買っている人もいるのではないでしょうか。
    (私もそうです。)

    そこで今回は年末年始のイベントに関するアンケートです。
    やっぱりこれがないと年を越した気分、新年を迎えた気分になれない、
    そんなイベントや行事を教えてください。

  【今回の質問】
    毎年必ずしている年末年始のイベントは?(複数回答可)
              ・家の大掃除
              ・年賀状(郵便)を送る
              ・年末ジャンボ宝くじの購入
              ・有馬記念の馬券購入
              ・NHK紅白歌合戦の視聴
              ・年越しそばを食べる
              ・お節料理やお餅を食べる
              ・カウントダウンイベントへの参加
              ・初日の出を見る
              ・初詣
              ・ニューイヤー駅伝や箱根駅伝の観戦
              ・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦の観戦
              ・書初め
              ・その他(フリー回答)

  回答フォームはこちらへ
           ==> http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN/Survey/ 
                            (回答締切:12月16日 18時00分まで)

  ●質問を大募集!●

  送信はこちらへ ==> https://www.grapecity.com/tools/feedback/ 

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


==========================================================================
■1. グレープシティのExcel愛がついにSalesforceに登場。UIで働き方が変わります
--------------------------------------------------------------------------
一日の長。好きこそものの上手なれ。亀の甲より年の功。といった言葉が示すように、
長いこと何かを研究し続けると深い知識と技術が身につきます。

グレープシティの場合、それはMicrosoft Excel技術の追従です。初代SPREADの発売
から30年近くの間、毎日毎日Excelのユーザーインタフェースを研究し続けた結果、
あらゆるプラットフォームでExcelライクなUIを提供できるようになりました。

その最新版はSalesforceプラットフォーム専用のスプレッドシートとして昨日
(12月7日)に発売したばかりの「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」です。

GrapeCity Spreadsheetは、Salesforceに格納されたオブジェクトをExcelのような
一覧形式で表示したり編集したりできるビューをカンタンに作成できる
AppExchageアプリです。

案件の管理や受注管理をSalesforceで行っている部門では、日々更新される情報を
Salesforceに登録したり編集したりする作業に追われているため、UIの使い勝手が
作業効率に直接影響します。

GrapeCity SpreadsheetはSalesforce標準のビュー作成機能よりもはるかに柔軟で、
作業に必要なオブジェクトとデータ項目だけを、作業するユーザーが自身が自由に
選んでビューをカスタマイズすることができます。項目のグループ化やフィルタリング、
並べ替えもExcelと同じ操作性を提供しているので誰でもすぐ使いこなすことが
できます。

データは参照だけでなく登録、更新、削除が可能。データ自体の設計はSalesforce上
の設定を継承しているため不正な入力や更新はもちろんできません。

そこまで、グレープシティがExcelにこだわるのはなぜなのか?
答えはもちろん、『そこ(企業)にExcelがあるから』です。Excel業務がある限り
これからもずっと、Excelライクを追究してまいります。

GrapeCity SpreadsheetのWebサイトではSalesforce上でSpreadsheetを実際に
使っている動画を公開しています。Salesforce開発者じゃなくても必見ですよ。

≫≫ 使い方動画はこちら
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/salesforce-howtouse 

≫≫ 機能の概要はこちら
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/spreadsheet-function 


==========================================================================
■2. Visual Studio 2017のリリースはいつ?対応するコンポーネントセットは?
--------------------------------------------------------------------------
タプルやローカル関数といった興味深い機能が搭載される「Visual Studio 2017」
11月にRC版が公開されましたね。
弊社では、2017年1月24日(火)に「ComponentOne Studio 2016J v3」のリリースを
予定していますが、もちろんこのVisual Studio 2017環境にも対応いたします。

2016J v3では、特にWindowsフォーム用に数多くの機能が追加されますので
この新機能について、いち早くお届けしたいと思います。

  ※印の機能をご利用の場合はEnterprise版の開発ライセンスが必要です。
    それ以外の新機能は「ComponentOne Studio for WinForms」の開発ライセンス
    でもご利用いただけます。

●新コンポーネント
  FinancialChart、Bitmapを追加します。またMaps、TreeViewがベータ版から
  正式版になり、日本語ヘルプをご利用いただけるようになります。

・FinancialChart(※)
  株式市場の高値、安値、経時変化などを簡潔に視覚化できます。
  エリア、棒、HLOCなど、15種類のチャートタイプを指定可能です。

・Bitmap
  ComponentOne Studioで利用している画像処理用の共通ライブラリです。
  画像の読み込み、各種変換、加工など汎用的な画像処理を開発用でも利用可能
  になりました。

・Map
  地理データを使用したマップの表示や、マップのベクタレイヤーを使用して
  任意の地理情報を描画可能です。

・TreeView
  階層関係にある複数のテーブルデータをツリー状に表示可能です。
  各ノードにチェックボックスや画像なども表示できます。

●追加される新機能
  各コンポーネントに種々の新規機能が追加されますが、その中でも代表的な
  ものをいくつかご紹介します。

・FlexGrid
  テキスト検索パネルコントロールを追加。パネルに検索文字列を入力すると、
  連動しているFlexGridの該当セルがすべて強調表示されます。
  部分テキスト検索も可能です。

・FlexReport
  デザイナのソースコードを添付します(※)。カスタマイズした独自デザイナの
  開発と配布が実現します。
  またビューワコントロールでは、複数ページ間でのテキスト選択が可能です。

・FlexChart
  レーダー、ポーラ、サンバースト、ファンネルの各チャート種が追加されます。

このほかにも、GanttViewでMS Projectのxmlファイルのインポートが可能になり、
またC1WordではCanvasのサポートが追加されるなど、お役立ち機能が満載です。

サブスクリプションをご契約中のお客様は、リリース時から全機能が利用可能に
なります。なお、トライアル版の公開もリリースと同じ2017年1月24日です。

≫≫ 新機能はWindowsフォームだけじゃない!そのほかのハイライトもCheck♪
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/c1studio/ 


==========================================================================
■3. 年末恒例企画:20名様にプレゼント!2017年GrapeCityカレンダー
--------------------------------------------------------------------------
今年も残すところあと1月を切りました。

巷ではクリスマスイルミネーションが街を彩り、年末ジャンボが発売され、
流行語大賞が発表され…といつもどおり一歩ずつ年末に向け進んでいっています。

年をとると、1年が過ぎるのが早く、季節もわからなくなってしまいがちですが、
12月だけは不思議と意識しますよね。

冒頭の例もそうですが、年末特番があったり、忘年会が開催されたりと
「12月といえば…」の恒例行事が多いことも12月を意識する理由かもしれません。

恒例行事といえば、このPowerNewsのカレンダープレゼントもその1つでは
ないでしょうか。

グレープシティの映像制作事業部、WINEstudios(ワインスタジオス)がデザイン
するこだわりの詰まったオリジナルカレンダー。
毎年デザインが変わるので、多くの方に楽しみにしていただいています。
そしてこのカレンダーはデザインだけではなく、機能性も毎年見直され
改良が加えられています。
2017年度のカレンダーからは、ついに日曜日始まりのデザインに一新。

まずます使いやすく洗練された2017年のGrapeCityオリジナルカレンダー、
今年も20名様にプレゼントします!
毎年GETしている方もそうでない方も奮ってご応募ください。

★応募締め切り:2016年12月13日(火) 18:00

≫≫ 応募フォームには今年のカレンダーデザインも公開中です!
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN/2017calender/


==========================================================================
■4. Webテクノロジーのトレンドが学べるセミナーを開催しました
--------------------------------------------------------------------------
去る2016年11月25日、日本マイクロソフト品川本社にて、Web技術を学べるセミナー
「グレープシティ Web TECH FORUM~開発現場の事例紹介とMicrosoftによる
トレンド~」を開催しました。

PowerNews 457号で告知および募集を開始したこのセミナー。
ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC/Web API、またHTML5やJavaScriptなど、
Webアプリ開発に使用されているWebテクノロジーの特長や開発ノウハウ、
トレンドや将来性を徹底解説する、というものでした。

正直なところ、Web技術が向上し多くのWebアプリが開発されてはいるものの、
まだまだWindowsフォームで開発されているユーザー数には及ばないという
事実があるため、どれくらいの方にご参加いただけるか若干不安でした。
が、そんな不安は杞憂に終わり、当日は約80名の方々に来場いただきました!!

「開発現場の事例紹介」として、弊社の導入支援パートナーである
エス・ビー・エス株式会社様の開発部を代表して3名の開発者がご登壇。
WindowsフォームからWebアプリへの移行ポイントについて、
実際にSPREAD for Windows FormsからSPREAD for ASP.NETまたはSpreadJSへの
移行を例にあげてご説明いただいたほか、学習コストや生産性といった
開発現場ならではの視点で、Webテクノロジー選定ポイントをお話しくださいました。

また、マイクロソフト社のエバンジェリスト 井上 章様には、
最新Visual Studioのデモを交えて、Web開発における「今と今後」や
マイクロソフト社の展望をご紹介いただきました。

スピーカー全員によるパネルディスカッションは、「ベンダーvs開発現場」
というなかなか見られないメンバーによる討論で、期待以上の盛り上がりでした。

バリバリにWebアプリを開発しているという方から、C/SシステムのWeb化を
検討し始めたけどWeb技術はこれから学ぶという方まで、幅広い経験層のみなさまに
ご満足いただいたようです。

SPREADの開発者ブログに、本セミナーの開催レポートを公開しています。
少しでも雰囲気を味わっていただければと思いますので、ぜひご覧ください。

≫≫ SPREAD開発者ブログでは技術情報も公開しています。
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/spread_blog 

≫≫ セミナー開催報告はこちら
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/web_tech_forum 


==========================================================================
■5. 【余裕を持ったご注文にご協力ください】年末年始休業のお知らせ
--------------------------------------------------------------------------
11月下旬、真冬並みの寒気と低気圧の影響で、1962年以来54年ぶりに東京都心でも
初雪を観測しました。

弊社スタッフも12月に入り本格的な冬到来前に、スタッドレスタイヤに交換をして
冬支度を済ませた人が多いです。

さて、そんな冬本番前にお知らせです。
年末に満了を迎えるComponentOne製品のリニューアル手続きはお済みでしょうか?
年内中にお申し込みがない場合、ユーザー専用ページのライセンス情報に
「期限切れ」と表示されます。

年末まで受け付けておりますので、ぜひComponentOne製品のリニューアルを
ご検討ください。

≫≫ ご登録のComponentOne製品の契約満了日を確かめる方はこちら
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/members/

弊社では以下の日程で年末年始休業をいただきます。余裕を持ったご注文にご協力
くださいますよう、お願い申し上げます。

<年末年始休業期間>
 2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)
 2017年1月5日(木)より通常営業いたします。

<ご注文商品の年内納品について>
 2016年12月22日(木)午後2時受注分までとさせていただきます。

休業期間中はソフトウェアアクティベーションの再認証リクエスト、
E-mailサポート、営業窓口、出荷業務などのすべてのサービスをお休みさせて
いただきますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

<E-mailサポート>
 休業期間中も受信いたしますが、2016年12月28日(水)午後3時以降に受信した
 ご質問は、2017年1月5日(木)の受け付けとなります。


==========================================================================
■6. サポートサービスからのお知らせ
--------------------------------------------------------------------------
1. Windows Server 2016/.NET Framework 4.6.2対応
以下の2製品が、既存の最新サービスパックで、Windows Server 2016および
..NET Framework 4.6.2に対応しました。

・SPREAD for Windows Forms 8.0J
・SPREAD for ASP.NET 8.0J

すでに最新のサービスパックを適用されている場合は、そのままWindows Server
2016や.NET Framework 4.6.2上でご利用いただけます。

Windows Server 2016への対応については、以下のページをご覧ください。

..NET製品の対応環境 - Windows Server 2016
==> http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/WinSvr2016/ 

2. サービスパックの公開
以下の製品について、サービスパックを公開しました。

・InputMan for Windows Forms 8.0J SP2(v8.0.2016.1125)
・InputMan for ASP.NET 8.0J SP4(v8.0.2016.1130)
・InputMan for WPF 1.0J SP6(v1.0.2016.1130)
・MultiRow for Windows Forms 8.0J SP2(v8.0.2016.1125)
・PlusPak for Windows Forms 8.0J SP2(v8.0.2016.1125)
・SPREAD for WPF 1.0J SP3(v1.0.2016.1207)

今回のサービスパックでは、Windows Server 2016/.NET Framework 4.6.2対応
のほか、不具合修正なども行われております。ダウンロードしてご利用ください。

変更点の詳細については、各リリースノートの「更新履歴」をご参照ください。

ダウンロードはこちら
==> http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/ServicePack/ 


 ◆◆ライセンス認証サーバーメンテナンスのお知らせ(2017年1月3日~4日)
  --------------------------------------------------------------------
  .NET製品のライセンス認証(ソフトウェアアクティベーション)で使用する
  サーバーのメンテナンスを、以下の期間に実施いたします。

  [メンテナンス期間]
  2017年1月3日(火)10:00 ~ 2017年1月4日(水)17:00

  メンテナンス期間中は、以下のお手続きができなくなります。

    ・ライセンス認証
    ・ライセンス認証解除
    ・ライセンス再認証(PC故障時など)

  誠に恐れ入りますが、製品のインストールや開発マシンの変更などを予定され
  ている方は、上記の期間を避けて行っていただきますようお願いいたします。
(なお、すでに製品インストール済みの開発環境や、運用中アプリケーション
  の動作に影響はございません。)

  ご不便をおかけしまして申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますよう
  お願い申し上げます。

-■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   セミナー・イベント情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
【12/9・東京】企業IT戦略セミナー「企業内業務システムの内製化成功の秘訣」
   ForguncyやXojoを利用し、業務システムを内製化する方法を紹介します
   http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN/gcseminar20161209/ 

【12/14・仙台】仙台Geek★Night #1 「食わず嫌いから食通までのTechビュッフェ」
   JavaScript UIライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の開発舞台裏を語ります。
   http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN/SendaiGeekNight/ 


◎◎ PowerNews編集部より -------------------------------------------------

  次号のPowerNews(461号)は、2016年12月22日(木)に発行の予定です。


◆◆ 編集後記 ◆◆[3.9+5.1=9.0が正解にならない]

算数の「9.0」問題(というと大げさですが)をご存じですか?
小学校3年生の算数のテストでは「3.9+5.1=9.0」が正解にならないというお話です。
正解は「9」。「9.0」では減点されてしまうそうです。
その理由として、小学校では有効数字を議論しないなどさまざまあるようですが、
すっきり納得!と言える説明に、私はまだ出会えていません。

プログラミングの視点では、小数は浮動小数点型(double)、
整数は整数型(int)と、データ型が異なります。
試しに型指定せずC#で同じ計算を実行してみると、答えは「9」でした。

var sum = 3.9 + 5.1;
System.Console.WriteLine(string.Format("{0}, {1}", sum.ToString(), sum.GetType()));
//出力結果は: 9, System.Double

ただ、この「9」のデータ型は整数ではありません。浮動小数点を表すdouble型です。
整数を表すint型の変数に代入するには、
int iSum = (int)sum;
と、明示的にキャストしなければコンパイルエラーで怒られます。

プログラミングでは、同じ「9」でも、データ型を意識しないと
エラーの原因を作ってしまいますね。

ですが、小学生にデータ型の意識を要求しなくてもいいように思います。
件の算数の問題、「9」は、プログラミングの結果と同じく表記が簡潔。
一方、「9.0」は数値の精度を維持して正確。
どちらの答えも優劣つけがたく。両方正解!にしてあげてほしいなと思うのです。
(kozu)

≫≫ 算数の「9.0」のお話しについて詳しくは
     http://www.grapecity.com/tools/jp/?PN460/9.0 


◎◎ 関連Webサイト -------------------------------------------------------

  ●PowerNewsの配信先の変更、配信の中止はこちらへ
    ==> https://www.grapecity.com/tools/support/powernews/unsubscribe.htm
  ●PowerNewsへのご意見、ご要望はこちらへ
                            ==> https://www.grapecity.com/tools/feedback/
  ●PowerNewsのバックナンバーはこちらへ
         ==> http://www.grapecity.com/tools/support/powernews/archive.asp
  ●グレープシティ、PowerToolsについてのお問い合わせはこちらへ
                       ==> http://www.grapecity.com/tools/aboutus/contact 

・GrapeCity、PowerTools、PowerNewsはグレープシティ株式会社の
  登録商標です。
・PowerNewsは表示幅を半角74文字以上にして等幅フォントでご覧ください。
・受信および開封通知や自動応答の設定はなるべく解除してください。
・複数回にわたってメールを配信できなかったアドレスは登録を解除させて
  いただきます。
・非営利印刷物に限り出所を明示していただければこのニュースを自由に転載
  できます。その他の場合は弊社にご相談ください。
・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記載されている会社名、製品名は弊社および各社の登録商標または商標です。
----------------------------------------------------------------------◎◎
■発行人:馬場 直行      ■編  集:PowerNews編集部
■発  行:グレープシティ株式会社
  981-3205 宮城県仙台市泉区紫山3-1-4
  Phone: 022-777-8211  Fax: 022-777-8231

Copyright(c)2016 GrapeCity inc. All rights reserved. 
==========================================================================