2005年からグレープシティが2年おきに弊社のメールマガジン読者に行っているExcelのバージョン調査の2013年版の結果発表です。タブレット市場がPC市場に圧力をかけ始めている2013年。『業務で最も利用されているアプリケーション』であるMicrosoft Excelのバージョン別の利用率はどのように変化しているのでしょうか。
気になる結果は以下をご覧ください。

アンケート実施期間

2013/06/27 ~ 07/19 (有効回答数 : 141件)

過去のExcelバージョン調査アンケート結果

編集部はこう考えました

※ 結果チャートはいずれも、Wijmo Professionalのチャートウィジェットを使って作成したものです。

Excelの現状2013年

今回の調査で、もっとも利用されているExcelのバージョンはExcel 2010で全体の44%。前回の25%からシェアを大きく伸ばしています。次いでExcel 2003の21%、Excel 2007の17%という結果になりました。前回と前々回の調査(2007年当時)ではリボンインタフェースの操作性に対しての戸惑いが見られましたが、今回のアンケートでは操作性に関する戸惑いはなく、どちらかというと開発者は異なるバージョンへの対応に追われているようでした。最新バージョンのExcel 2013については10%の方が主に利用していると回答。Excel 2013はタッチ対応とクラウドとの親和性が目玉のバージョンで今年の2月にリリースされたものですが数字の上では順調に推移しているようです。Office製品のタッチ対応需要は未知数ですが2014年4月にExcel 2003の延長サポートが切れるため、今後1年で移行組の分はシェアを伸ばすと予想されます。

クラウドベースのOfficeはどうなった?

前回調査から項目に追加したクラウド向けのOffice製品の導入については、「すでに導入している」と「導入予定がある」の回答を合計した比率が15.6%に留まっており、まだ普及が急速に進むとされる16%を超える状態にはいたっていないようです。また、前回調査と比較して「導入予定がある」の比率は下がっています。前回調査の2011年7月は震災の直後で「クラウド」が災害に強いことが注目された時期であり、その影響が落ち着いた今、タブレットの普及などオフィスのハードウェア環境が過渡期に入っているため、業務アプリケーションの形態についても、もう少し様子見というステージでとどまっているのかもしれません。

Windows 7 + Office 2010

コンシューマー市場ではPC離れが進みタブレットへの移行が進んでいると見られていますが、これはもともと、個人が使うパソコンではその利用用途が閲覧・参照系に偏っていたものが顕在化したためだと思われます。業務でパソコンを使うためには入力・登録操作が欠かせないため、ハードウェアキーボードの付いたこれまでどおりのパソコン + Office製品の重要度は変わらないでしょう。そうなるとデスクトップアプリケーション向けのOSとして最もシェアの多いWindows 7 + Excel 2010(Office 2010)の環境が高いシェアを保つことが予想されます。

皆さんからいただいたコメント

2007と2003の併用ですが、使い慣れている2003の方を使ってしまいます。
(Excel 2013は)良く落ちる…(´・ω・`)
Office365導入で死角無し
Excel2003、2010共存PCとExcel2007単独PCを使用中。いまだにOffice2003限定などの顧客がいるため、複数バージョンが必要。
バージョン統一のために365を導入したいが価格がネック。もっと安くしてほしい。また個人向けも提供してもらいたい(海外にはある?)
タブレットで使い辛くて泣きそう。
いつ2013にしようか、迷っています。(2010で充分かも)
Excel2007は重くて嫌でしたが、2010になってよくなりました。Excel2013も使ってはいますが、2010が好きです。
みなさん、Excel 2013って不安定じゃないですか?
会社の方針のため手が出せず・・・
ソフトはExcel2010でも、ファイルフォーマットはExcel2000の.xlsです。4文字の拡張子ってなんだか変な感じがしてしまう。古い人間です。
情報資産の管理を部署ごとに任されても上役たちには良く分からないから、パソコンが壊れるまではプレインストールのアプリケーションを使い続けるパターンです。
Office365、なにが良いのかさっぱりわかりません…トータルコスト、長く使うほどあがるような…。
ちなみに社内は2002と2003が主です。2010は私物です。OpenOfficeは「重いファイルは開けない」など、問題多発で他の担当者が挫折していました。
前このアンケート受けたときも2003でした。業務都合なんです。まわりの人たちはすっかりリボンになじんでしまったのに…。
バージョン上がってもそれほど使うことは無い。逆にインターフェイス部分が変わってしまっているので、使いにくそう…。
Excelは社外とのやり取りが多いので、低いバージョンで統一しています。やはり、Excel以外で作成すると完全互換とはいかないようで崩れます。(Mac版Officeでもダメでした。)
進化も大切ですがあるバージョンを熟達して、使用するというスタイルも
生き残れるようにして欲しい。XPも干されてしまってマイクロソフトと世間のはやりのために力を使うのはどうかといつも疑問に思います。
(Excel 2003と回答)バージョンを上げてまた覚えなおすのが億劫で…
立場上、お上が決めたものを使用するしかないので。2010くらいにはなっていて欲しかった…
職場のWindows 7にはOffice 2010がプレインストールされていました。数式バーの展開・折りたたみを手操作しないといけなくなって、面倒です。
歳を重ねると新しいモノに慣れるのがついおっくになってしまい、Windows 7ですが32bit版ということもあり、Excel 2010と同居させて、もっぱら2003を使っています。どこに何があるのかが「サッ!」と見つからない…がんばって慣れようとしています(笑)
複数回答が出来ると良かったです。顧客に応じてバージョンを替えているので2002、2007、2010を使用しています。マクロを使うケースが多いので、なるべく古いバージョンで開発しているため2002が多いです。またOffice 365はマクロが使えないため、当分メインになることはないと考えています。
VB6の遺産がまだ残っている。どうしたものか…。
クラウドって聞かないです。自分の周りだけ?
Excel 2013はSPが出るまで様子見です。
(Excel 2003と回答)Excel 2013にはBIツールがアドインで付いていてデータ分析には重宝しそうなので、来年にはサポート切れになるので製品版かクラウド版か思案中。
Office 365 ただしメールとLyncのみ
2003、 2007を共用中です。2010や2013が入っているPCもありますが、今のところ2003で十分です。
私的にはExcel2013も利用していますが、デスクトップPCでの利用ではExcel2010のほうが好みです。