Webアプリ開発事始 第4回

TCP/IPネットワークとWebアプリケーションの基礎(4)
~実行環境と開発環境
長谷川裕行
有限会社 手國堂

同じネットワーク・アプリケーションでも、WebとWindowsでは随分事情が異なります。Webアプリケーションの実行形態と、代表的な開発環境を紹介しておきましょう。Webアプリケーションの開発でも様々な言語を使えますが、インターネットと組織内ネットワーク――いわゆるイントラネットとでは、やはり事情が異なります。さらにそこで業務処理を行うとなると、データベースの扱いも考慮しなくてはなりません。
- 目次 -
HTMLの前と後
クライアントとサーバーのやり取り
Webとハイパーリンク
GopherとSGMLからHTMLへ
HTMLとタグ
HTMLは“表示”中心
CGIからJavaへ
基本は変わらない
サーバーで動くかクライアントで動くか
WebというOS
2とおりの実行形態
それぞれの特徴
サーバーサイド・アプリケーション
表示の基本はタグの記述
HTMLを自動生成する
データ入力と処理結果の表示
CGI
Javaサーブレット
Active Server Pages
クライアントサイド・アプリケーション
Javaアプレット
スクリプト
業務処理はサーバーサイドで
どちらに負荷がかかるか?
組織内では事情が変わる
複雑な処理はCGIでは厳しい
ASPまたはサーブレット
データベースとサーバーサイド・アプリケーション
インターネットとデータベース
イントラネットとデータベース
既存データの継承が重要
あとがき
長谷川 裕行 (はせがわ ひろゆき)
有限会社 手國堂 代表取締役   http://www.hirop.com/

テクニカルライターとして活躍。プログラミングに関する著書多数、DB Magazineなどにも多くの記事を提供している。

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.