Webアプリ開発事始 第5回

WebアプリケーションとHTML(1)
~Microsoft OfficeでHTML文書を作る
長谷川裕行
有限会社 手國堂

今回から、具体的なWebアプリケーションの作成手法について紹介していきます。手始めに、Microsoft Officeを使ったHTMLファイルの作成方法を取り上げましょう。WordやExcelでは単純なWebページしか作れませんが、Accessにはユーザーの入力に応答するWebアプリケーションの生成機能が備わっています。
- 目次 -
結果を表示するだけでもWebアプリ?
2とおりの解釈
線引きは困難
OfficeのデータをHTML化する
HTML化は簡単
Wordではレイアウトに注意
Excelは表をテーブルにするだけ
AccessのHTML化機能
ファイルではなくオブジェクトを書き出す
選択クエリをHTML化する
すべて表形式で書き出される
VBAでHTMLを書き出す
動的なHTMLファイルを作る(1)~ASP形式
ASP形式で出力する
データベースの内容がHTMLに逐次反映される
動的なHTMLファイルを作る(2)~データアクセスページ
ウィザードでデータアクセスページを作る
IEで表示できる
制限もあるが簡単で便利
長谷川 裕行 (はせがわ ひろゆき)
有限会社 手國堂 代表取締役   http://www.hirop.com/

テクニカルライターとして活躍。プログラミングに関する著書多数、DB Magazineなどにも多くの記事を提供している。

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.