Webアプリ開発事始 第7回

Webアプリケーションの仕組みとデータベースの扱い 長谷川裕行
有限会社 手國堂

Webアプリケーションの開発環境もどんどん便利になり、難しい事柄を知らなくとも簡単にWebアプリケーションが作れるようになってきました。

前回紹介したAccessのデータアクセスページも、そのような開発環境の1つです。しかし、便利さだけを求めていては、基本的な技術が身に付きません。Webアプリケーションの大まかな仕組みを理解しておきましょう。業務処理では、データベースの扱いも知っておかなければなりません。
- 目次 -
Webアプリケーションの基本を押さえる
データアクセスページの善し悪し
基礎を理解しておくことが大切
UNIXの流儀
フォルダとディレクトリ
UNIXのディレクトリ構造
区切り記号とパス
TCP/IPはUNIXの流儀
やり取りは単純
サーバーサイド・アプリケーション
CGIはWebアプリの基本
やり取りの手順
入力画面はフォーム機能で作る
メールで受け取ることも可能
検索エンジンの仕組み
CGIでデータを処理する
クライアントサイド・アプリケーション
スクリプト形式が主流に
すべてクライアントで処理される
WindowsではASPが便利
Webアプリケーションとデータベース
RDBMS
データベースサーバー
SQLでデータベースを操作する
データベース操作の共通言語
あとがき
長谷川 裕行 (はせがわ ひろゆき)
有限会社 手國堂 代表取締役   http://www.hirop.com/

テクニカルライターとして活躍。プログラミングに関する著書多数、DB Magazineなどにも多くの記事を提供している。

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.