Webアプリ開発事始 第11回

Java入門(1)
~様々なJava、開発環境、Javaアプレットの基礎
長谷川裕行
有限会社 手國堂

Java開発ツール

現在のJava開発環境は“Java2”と呼ばれます。元々は、Java言語の開発元であるサン・マイクロシステムズ社のJavaプログラム開発キット(JDK――Java Development Kit)バージョン1.2を指す言葉でしたが、現在ではJavaプログラムの開発環境全般をJava2と呼んでいます。

Javaプログラムの生成手順は、ソースコードをテキストファイルに保存し、それをコンパイラによって中間コードに変換するのが一般的ですが、便利な統合開発環境もあります。


- コマンドライン版 -

コンパイラやテスト用のツールなどをコマンドラインから起動する、伝統的なスタイルの開発ツールです。リソースの消費が少なく、処理も高速です。

J2SE(Java 2 Platform Standard Edition)
Java2の一般向け開発キット
J2SDK(Java 2 Software Development Kit Standard Edition)
サン・マイクロシステムズ社製のJ2SE
J2RE(Java 2 Runtime Environment Standard Edition)
J2SE対応のアプリケーション実行環境
J2EE(Java 2 Platform Enterprise Edition)
J2SEにサーブレットの開発機能が加えられた製品
J2ME(Java 2 Platform Micro Edition)
NTT DocomoのiアプリやJ-PhoneのJavaアプリなど携帯電話用Javaプログラム開発のためのプラットフォーム


- 統合環境版 -

エディタ、コンパイラなどが統合されたIDE(Integrated Development Environment:統合開発環境)は、Visual BasicやDelphiなどと同じような複数ペインに区切られたウィンドウで、画面デザイン、ソースコードの編集、テスト実行とデバッグなどが可能です。

製品として販売されていますが、入門版と言える最も軽装の版は無償で配布されています。体験版ではなく、実際にアプリケーションが作成できます。

Forte for Java
サン・マイクロシステムズ社製のIDE。“Community Edition”が無償でダウンロードできます
Borland J Builder
ボーランド社製のIDE。“Personal Edition”が無償でダウンロードできます
VisualCafe
ウェブゲインジャパン社製のIDE。“Standard Edition”が無償でダウンロードできます


トップページ
Javaの始まり
アプレットからサーブレットへ
Javaとオブジェクト指向
Java開発ツール
コマンドライン版
統合環境版
Javaアプレットの開発
あとがき

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.