Webアプリ開発事始 第18回

XMLとWebアプリケーション(1)
~XMLの基本
長谷川裕行
有限会社 手國堂

ネットワークを介したデータ交換技術として、XMLが注目されています。Webを使った通信販売や企業間取引などいわゆるeコマースの他、Web技術をベースにしたデジタルテレビの双方向通信、携帯電話向けのWebサイトなどで、XMLは大活躍しています。特にWebベースの双方向通信では、今やXMLはなくてはならない存在と言っても過言ではありません。

XMLの基本的な構造と仕組み、XML文書の書き方と表示方法を知っておきましょう。
- 目次 -
拡張可能な言語
原点はSGML
HTMLは「見せる」ための言語
XMLは文書の「構造」を表現する
ネットワークを介したデータ交換に
XMLのメリット
データ交換の効率化
データベース処理の効率化
企業間取引の効率化
広がるXMLの用途
XMLの基本事項
XML文書の基本構造
DTDの有無
XMLパーサ
XML文書を作る
社員名簿をXMLで表現する
タグとエレメント
フィールドと値の記述
スタイルシート
XSLTスタイルシート
宣言と名前空間
HTMLタグも使える
特定のデータを抽出できる
あとがき
長谷川 裕行 (はせがわ ひろゆき)
有限会社 手國堂 代表取締役   http://www.hirop.com/

テクニカルライターとして活躍。プログラミングに関する著書多数、DB Magazineなどにも多くの記事を提供している。

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.