Webアプリ開発事始 第24回

WebサイトとWebアプリのデザインを考える(2) 長谷川裕行
有限会社 手國堂

Webアプリはサイトの一部

WebアプリケーションはWebサイトの一部です。Webアプリケーションだけで完結する訳ではありません。Webサイトには、組織内ネットワークで稼働する業務目的のものと、インターネットで不特定多数のユーザーを対象としたものとがあります。


- Webサイトが扱いやすさを左右する -

インターネット・サイトの場合、Webアプリケーションだけが優秀でもサイト全体が扱いにくければ、ユーザーはWebアプリケーションを扱う前にサイトから離れてしまいます。この点は非常に重要です。

組織内ネットワークの場合、サイトのデザインや操作性が多少悪くても、ユーザーは「これは仕事なのだから」と割り切り、我慢して使ってくれるはずです。しかし、作業効率は芳しくないでしょう。

Webアプリケーションのユーザーインターフェイスに対する印象は、その動作環境であるWebサイトとWebページの扱いやすさに左右されます。同じ仕事をするのなら、誰だって扱いやすい方がいいに決まっています。

嫌だなーとか、扱いにくいなー、煩わしいなーと感じながらでは、気持ちよく操作できる訳はありません。ユーザーの注意が散漫になり、結果、入力ミスやボタンの押し間違えなどが頻発し、訂正処理が増えて業務の進行が遅れます。


- Webアプリの2つの<場所> -

Webサイトのデザイン技法そのものは、本稿のテーマではありません。しかしながら、扱いやすいWebアプリケーションを考える上では、その実行環境であるWebサイトのデザイン、使い勝手までを含めて考える必要があるでしょう。

WebアプリケーションはWebサイトの一部なのですから、アプリケーションの設計段階では、基本的な入出力仕様の他に「それ(Webアプリケーション)がWebサイト全体のどこに位置するのか」を把握しておかなければなりません。ここでいう「どこ」という場所の問題には、サイトの階層構造中どのページに配置されるか――という<固定的な場所>の他、ユーザーがどのような情報を閲覧している過程でWebアプリケーションを操作する局面に出会うのか――という<流れの中での場所>の問題も含まれています。

組織内の業務処理なら話は簡単です。理由はすぐにお分かりいただけるでしょう。業務処理のためのWebサイトでは、個々のアプリケーションの場所(先述した2つの意味での場所)は非常に明白だからです。「在庫数を確認したい」「先月の支店別売上額を確認したい」などなど、ユーザーは明確な目的を持ってそのためのアプリケーションを実行するWebページにアクセスします。


トップページ
Webアプリはサイトの一部
Webサイトが扱いやすさを左右する
Webアプリの2つの<場所>
どこに「戻ればいい」のか?
ユーザーを把握する
情報の分類
その他の注意点
あとがき

Copyright © GrapeCity inc. All rights reserved.