サポート&サービス

Home > サポート&サービス > テクニカルサポート > 製品の対応環境

テクニカルサポート

製品に関する技術的なサービスを提供しています。製品別の技術情報(ナレッジベース)および、対応環境情報をご覧いただけます。また、E-mailによるテクニカルサポートのお申し込みもこちらで受け付けています。

ComponentOne サブスクリプション製品をご購入された方

サブスクリプションにて、ComponentOne製品(ComponentOne Studio、Wijmo、Xuni)をご購入された方は、下記のComponentOne Studioサイトからユーザー登録をお願いいたします。

ComponentOne サブスクリプション製品のユーザー登録を行う

製品の対応環境

OS、統合開発環境、ブラウザなどの動作環境に対して、各製品の対応状況と今後の予定を公開しています。

Microsoft Azure Web Apps

一覧に戻る

注意事項
  • 対応製品一覧について

    ASP.NETアプリケーションの運用環境として、Microsoft Azure Web Appsをサポートしている製品を示します。

  • 制限事項について

    Microsoft Azure Web Apps上にアプリケーションを配置した場合、セキュリティサンドボックス上で動作するため、製品によっては様々な制限事項が存在します。詳細については、「特記事項」に記載いたしました文書をご覧ください。

  • .NET製品の修正版について

    各.NET製品の修正版(Service Pack、改訂版など)は、「.NET - アップデート」ページからダウンロードが可能です。
    [ダウンロード]-[アップデート]-[.NET]はこちら


移行情報
  • 下記以外の弊社製品(ActiveX製品を含む)を使用して作成している現行システムを、Microsoft Azure Web Apps上に再配置する場合、当該環境上で動作可能なアプリケーション形態に再構築した上で、弊社製品についても、適当な製品に移行する必要がございます。
    この場合における、アプリケーション形態ごとの旧製品と現行製品の対応については、以下の資料をご覧ください。
    Microsoft Azure Web Apps 対応表

    なお、移行できる内容や移行にかかる負荷、移行に伴う制限事項等については、お客様のアプリケーションの要件によって異なります。移行をご検討の場合には、弊社「ツール事業部 営業部」にお問い合わせください。


対応製品一覧
製品名 Ver. 特記事項
ActiveReports for .NET
(Standard/Professional)
11.0J SP2以降で対応
制限事項はこちら
ComponentOne Studio for ASP.NET MVC - 2017J v2以降で対応
制限事項はこちら
ComponentOne Studio for ASP.NET Web Forms - 2017J v2以降で対応
制限事項はこちら
InputManPlus for ASP.NET 10.0J
Secure iNetSuite for .NET
Secure FTP for .NET
Secure Mail for .NET
4.0J SP7以降で対応
制限事項は製品リリースノートの「制限事項と注意点」をご参照ください
SPREAD for ASP.NET 10.0J 制限事項はこちら
このページの先頭へ