サポート&サービス

Home > サポート&サービス > テクニカルサポート > ナレッジベース

テクニカルサポート

製品に関する技術的なサービスを提供しています。製品別の技術情報(ナレッジベース)および、対応環境情報をご覧いただけます。また、E-mailによるテクニカルサポートのお申し込みもこちらで受け付けています。

サブスクリプションにてComponentOne製品(ComponentOne Studioシリーズ、Doc-To-Help、Wijmoシリーズ)をご購入された方は、下記専用サイトの「サポート&サービスメニュー」をご確認ください。
ComponentOneホーム

ナレッジベース

Internet Explorer 8 での ActiveXビューワの使用について
文書番号 : 30041     文書種別 : Info
最終更新日 : 2009/06/04
文書を印刷する
対象製品
ActiveReports for .NET 3.0J Professional Edition
詳細
Microsoft社では、IE7以前のブラウザで表示できたページが、IE8上ではレイアウトやデザインが崩れてしまうといった、互換性の問題が発生する可能性があるとの注意を促しています。
ここでは、これらの互換性問題がActiveReportsに与える影響、および回避策について記載します。

影響を受ける条件
次の条件を全て満たす時、ActiveReportsで提供しているActiveXビューワの高さや幅が、正しく表示されない場合があります。
  • 製品付属のArView2.cabを使用している

  • HeightもしくはWidthの各プロパティの値をパーセントで指定している

  • IE8において、デフォルト状態(「互換表示」機能を使用しない状態)で対象画面を表示している

回避方法
開発者側で回避可能な方法について説明します。以下の指定を、ArView2.cabを使っている対象のページに実装することで回避できます。
  互換モードをページごとに指定する     <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7" />


上記の詳細については次のMSDNサイトをご確認ください。

なお、本現象は上記以外にも、次のような方法で回避できることが確認されております
状況に応じて、いずれかの方法での現象回避をご検討ください。

以下のサンプルコードのように、CSSで高さと幅を定義します。
サンプルコード画像

一般的なIE8の互換性についての情報は、次のMSDNサイトをご確認ください。
キーワード
機能・仕様 Web

この情報は、疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

    


こちらに入力されたご質問には回答できませんので、製品に関するお問い合わせは、別途「E-mailサポート」をご利用ください。


※ 個人情報保護のため、個人情報の記入はご遠慮ください。

このページの先頭へ