サポート&サービス

Home > サポート&サービス > テクニカルサポート > ナレッジベース

テクニカルサポート

製品に関する技術的なサービスを提供しています。製品別の技術情報(ナレッジベース)および、対応環境情報をご覧いただけます。また、E-mailによるテクニカルサポートのお申し込みもこちらで受け付けています。

ComponentOne サブスクリプション製品をご購入された方

サブスクリプションにて、ComponentOne製品(ComponentOne Studio、Wijmo、Xuni)をご購入された方は、下記のComponentOne Studioサイトからユーザー登録をお願いいたします。

ComponentOne サブスクリプション製品のユーザー登録を行う

ナレッジベース

Windows Server 2003上で必要となる設定
文書番号 : 30608     文書種別 : HowTo
最終更新日 : 2011/03/07
文書を印刷する
対象製品
ActiveX 製品共通
詳細
Windows Server 2003ではインターネットインフォメーションサービス(IIS)において大幅な変更が行われています。特にセキュリティ強化の目的で行われた変更が IIS上でASPアプリケーションを構築する際に大きく影響します。ここでは、PowerTools製品を使用する際に、これらの変更によって必要となる設定について説明します。

1. MIMEタイプの設定

IIS 6.0では、静的コンテンツの要求に対して、登録されていない拡張子を持つファイルへの応答を行わないようになりました。この変更により、PowerTools製品で使用する拡張子をMIMEマップに登録する必要があります。

以下の手順は、マイクロソフト社の「Windows Server 2003の製品ドキュメント - 動的コンテンツを有効および無効にする - 新しいWebサービス拡張を追加するには」の内容に基づいています。詳細については、マイクロソフト社のドキュメントをご参照ください。

※ 次の手順を実行するには、ローカル コンピュータのAdministratorsグループのメンバであるか、適切な権限を与えられている必要があります。

  1. (1) IISマネージャで、MIMEの種類を追加するWebサイトまたはWebサイトディレクトリを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  2. (2) [HTTPヘッダー]タブをクリックします。
  3. (3) [MIMEの種類]ボタンをクリックします。
  4. (4) [新規作成]ボタンをクリックします。
  5. (5) [拡張子]にファイル名拡張子を入力します。
    アスタリスク「*」を入力した場合、未定義のあらゆる拡張子と拡張を持たないファイルに対して登録されます。
  6. (6) [MIMEの種類]に「application/octet-stream」と入力します。
  7. (7) [OK]ボタンをクリックします。


    PowerTools製品で使用する拡張子には、下記のものがあります。
    製品名拡張子
    ActiveReports 2.0J.rdf
    True WebChart 8.0J.oc2、.oc3
    VS-VIEW 8.0J.vp
    ActiveReports for .NET.rdf

2. ASPバッファの最大サイズを変更する

IIS 6.0では、ASP応答のバッファの最大サイズがデフォルトで4 MB程度に制限されており、この値を超えた場合、クライアントにエラー「500」が返されます。例えば、Responseオブジェクトの BinaryWriteメソッドを使用して、4 MBを超えるバイナリデータをレスポンスさせる場合などが該当します。

以下の手順は、マイクロソフト社の「Windows Server 2003の製品ドキュメント - トラブルシューティング - クライアント要求がエラーアウトまたはタイムアウトになる」の内容に基づいています。詳細については、マイクロソフト社のドキュメントをご参照ください。

※ 次の手順を実行するには、ローカル コンピュータのAdministratorsグループのメンバであるか、適切な権限が与えられている必要があります。

  1. (1) IISマネージャで、ローカル コンピュータを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  2. (2) [メタベースの直接編集を有効にする]チェックボックスをオンにします。
  3. (3) [OK]ボタンをクリックします。
  4. (4) 「%WindowsRoot%¥System32¥InetSrv¥MetaBase.xml」ファイルをメモ帳で開き、メニューの[編集] - [検索]から“ASPBufferingLimit”を検索します。
  5. (5) ASPBufferingLimitプロパティの値“4194304”を、変更後のバッファの最大値に修正し、上書き保存します(「MetaBase.xml」ファイルはバックアップを取っておくことをお勧めします)。

この情報は、疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

    


こちらに入力されたご質問には回答できませんので、製品に関するお問い合わせは、別途「E-mailサポート」をご利用ください。


※ 個人情報保護のため、個人情報の記入はご遠慮ください。

このページの先頭へ