サポート&サービス

Home > サポート&サービス > テクニカルサポート > ナレッジベース

テクニカルサポート

製品に関する技術的なサービスを提供しています。製品別の技術情報(ナレッジベース)および、対応環境情報をご覧いただけます。また、E-mailによるテクニカルサポートのお申し込みもこちらで受け付けています。

ComponentOne サブスクリプション製品をご購入された方

サブスクリプションにて、ComponentOne製品(ComponentOne Studio、Wijmo、Xuni)をご購入された方は、下記のComponentOne Studioサイトからユーザー登録をお願いいたします。

ComponentOne サブスクリプション製品のユーザー登録を行う

ナレッジベース

Barcodeコントロールで、カスタマバーコード(郵便バーコード)を出力する方法 【※サンプル有り】
文書番号 : 39697     文書種別 : HowTo
登録日 : 2017/02/24     最終更新日 : 2017/09/15
文書を印刷する
対象製品
ActiveReports for .NET 11.0J
詳細
セクションレポートの場合はBarcodeコントロールのStyleプロパティを、ページレポート/RDLレポートの場合はBarcodeコントロールのSymbologyプロパティを、それぞれ"JapanesePostal"に設定することで、カスタマバーコード(郵便バーコード)をレポート上に出力することが可能です。

製品ヘルプの以下のトピックにて、設定方法や注意事項をご案内しておりますので、ご覧ください。

ActiveReportsユーザーガイド
 - よくある質問
  - 共通の項目(ページレポート、RDLレポートとセクションレポート)
   - バーコード
    - 「Barcodeコントロールで、カスタマバーコード(郵便バーコード)を出力する」

なお、上記ヘルプトピックにてご案内している内容は、以下の通りです。
  • Barcodeコントロールにセットするカスタマバーコード用キャラクタについて
  • Barcodeコントロールでカスタマバーコードを出力する際の注意事項
  • JPAddressを使用してカスタマバーコードを出力する方法について

また、以下のリンクから、JPAddressを用いてカスタマバーコードを生成するサンプルプロジェクトをダウンロードすることができます。こちらもご参考ください。
※サンプルを実行するにはJPAddress for Windows Forms 2.0Jが環境にインストールされている必要があります。

サンプルはこちらへ
関連情報
キーワード
HowTo バーコード

この情報は、疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

    


こちらに入力されたご質問には回答できませんので、製品に関するお問い合わせは、別途「E-mailサポート」をご利用ください。


※ 個人情報保護のため、個人情報の記入はご遠慮ください。

このページの先頭へ