サポート&サービス

Home > サポート&サービス > テクニカルサポート > ナレッジベース

テクニカルサポート

製品に関する技術的なサービスを提供しています。製品別の技術情報(ナレッジベース)および、対応環境情報をご覧いただけます。また、E-mailによるテクニカルサポートのお申し込みもこちらで受け付けています。

ComponentOne サブスクリプション製品をご購入された方

サブスクリプションにて、ComponentOne製品(ComponentOne Studio、Wijmo、Xuni)をご購入された方は、下記のComponentOne Studioサイトからユーザー登録をお願いいたします。

ComponentOne サブスクリプション製品のユーザー登録を行う

ナレッジベース

生成後のセクションレポートに文字列や図形を描画する方法は?
文書番号 : 41378     文書種別 : HowTo
登録日 : 2017/10/12     最終更新日 : 2017/10/12
文書を印刷する
対象製品
ActiveReports for .NET 11.0J
詳細
生成(Runメソッド実行)後のセクションレポートに、後付けで文字列や図形を描画したい場合、PagesコレクションのDrawTextやDrawLineなどのDraw***メソッドを使用します。

たとえば、複数のセクションレポートを合成してから全体を通したページ番号を描画したい場合、以下のようにDrawTextメソッドを使用することで実現可能です。

※レポートの合成については関連情報をご参照ください。

◆サンプルコード(VB.NET)
Dim rpt1 As New SectionReport1() ' レポート1
Dim rpt2 As New SectionReport2() ' レポート2

' それぞれのレポートを作成します。
rpt1.Run()
rpt2.Run()

' レポート1にレポート2をマージします。
rpt1.Document.Pages.AddRange(rpt2.Document.Pages.Clone)

' レポートの下部にページ番号を描画します。
For i As Integer = 0 To rpt1.Document.Pages.Count - 1
  rpt1.Document.Pages(i).Font = New Font("MS ゴシック", 10.5)
  rpt1.Document.Pages(i).ForeColor = Color.Black

  rpt1.Document.Pages(i).DrawText((i + 1).ToString(),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(21.0 / 2.0),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(29.7 - 1.0),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(2.0),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(1.0))
Next

◆サンプルコード(C#)
SectionReport1 rpt1 = new SectionReport1(); //レポート1
SectionReport2 rpt2 = new SectionReport2(); //レポート2

// それぞれのレポートを作成します。
rpt1.Run(false);
rpt2.Run(false);

// レポート1にレポート2をマージします。
rpt1.Document.Pages.AddRange
((GrapeCity.ActiveReports.Document.Section.PagesCollection)rpt2.Document.Pages.Clone());

// レポートの下部にページ番号を描画します。
for (int i = 0; i < rpt1.Document.Pages.Count; i++)
{
  rpt1.Document.Pages[i].Font = new Font("MS ゴシック", 10.5f);
  rpt1.Document.Pages[i].ForeColor = Color.Black;

  rpt1.Document.Pages[i].DrawText((i + 1).ToString(),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(21.0f / 2.0f),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(29.7f - 1.0f),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(2.0f),
    GrapeCity.ActiveReports.SectionReport.CmToInch(1.0f));
}

各メソッドの詳細については、製品ヘルプの以下のトピックをご確認ください。

クラスライブラリリファレンス
 - GrapeCity.ActiveReports.Document.v11 アセンブリ
  - 名前空間
   - GrapeCity.ActiveReports.Document.Section 名前空間
    - クラス
     - Page
      - メソッド
       - Draw
       - DrawBorder
       - DrawEllipse
       - DrawImage
       - DrawLine
       - DrawRect
       - DrawRoundRect
       - DrawText
関連情報
キーワード
HowTo セクションレポート デザイン・レイアウト

この情報は、疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

    


こちらに入力されたご質問には回答できませんので、製品に関するお問い合わせは、別途「E-mailサポート」をご利用ください。


※ 個人情報保護のため、個人情報の記入はご遠慮ください。

このページの先頭へ