FlexGrid for WPF | ComponentOne
C1.WPF.Grid Assembly / C1.WPF.Grid Namespace / FlexGrid Class / GetPageImages Method / GetPageImages(GridCellRange,GridScaleMode,Size,Int32) Method
印刷するセルの範囲。
複数ページに収まるようにグリッドを拡大縮小する方法。
複数ページのコンテンツ領域のサイズ(ピクセル単位)。
返す最大ページ数。

In This Topic
    GetPageImages(GridCellRange,GridScaleMode,Size,Int32) Method
    In This Topic
    ドキュメントの複数ページへのレンダリングに適したグリッドのパーツを表す要素の リストを取得します。
    Syntax
    'Declaration
     
    Public Overloads Function GetPageImages( _
       ByVal rng As GridCellRange, _
       ByVal scaleMode As GridScaleMode, _
       ByVal contentSize As Size, _
       ByVal maxPages As Integer _
    ) As List(Of FrameworkElement)
    public List<FrameworkElement> GetPageImages( 
       GridCellRange rng,
       GridScaleMode scaleMode,
       Size contentSize,
       int maxPages
    )

    Parameters

    rng
    印刷するセルの範囲。
    scaleMode
    複数ページに収まるようにグリッドを拡大縮小する方法。
    contentSize
    複数ページのコンテンツ領域のサイズ(ピクセル単位)。
    maxPages
    返す最大ページ数。

    Return Value

    複数ページに対応する要素のリスト。
    Remarks

    リストとして返される要素は、ドキュメントの個別のページに 対応するグリッドの各部分を表します。

    scaleMode パラメータと contentSize パラメータは、返されるページ数と各ページに含まれるデータを 定義します。

    リストとして返される要素は、(PrintPage イベントパラメータの PageVisual プロパティに割り当てることで)ドキュメントに直接 レンダリングできます。または、テンプレート内で他の要素と組み合わせて、 レターヘッド、ヘッダー、フッター、追加ドキュメントコンテンツなどを 提供できます。

    ページイメージの使用後は、必ず DisposePageImages を呼び出してメモリを解放してください。
    See Also