SPREAD for ASP.NET

スプレッド|最強のサーバーサイド表計算コンポーネント
バージョン
: 10.0J
販売形態
: ダウンロード
発売日
: 2017/02/15

トライアル版

ご購入

 
概要

WebアプリケーションにExcelライクな操作性を提供する表計算コンポーネント

SPREAD for ASP.NETはWebアプリケーションにExcelのような外観や操作性を実現するASP.NET用の高性能データグリッドコンポーネントです。非同期処理によるページ切り替え、ソート、フィルタリングを実現しており、大量データに対する操作もユーザーはストレスなく行うことができます。また、豊富な表計算関数に加え、Excelファイル用の強力な入出力エンジンを備えておりExcelとのスムーズなデータ連携を実現します。マルチブラウザ/クラウド対応により、より幅広い分野へのWeb業務アプリケーションの提供を支援します。


より使いやすく長期的な運用支援をスタート

開発者の開発効率を高め、支援できるよう、新たなライセンス体系とサービスを開始します。
開発ライセンスは、1ライセンスで3台のマシンに製品をインストールできます。異なるOSでの動作確認や設計作業のたびに、ライセンスの入れ替えを行うといった手間が省けます。
ライセンス体系はこちら

また、開発したアプリケーションを長く運用していただくために、長期保守サービス(最低7年)を提供します。保守サービスの有効期間中は、テクニカルサポート、フリーアップグレードのサービスをご利用いただけます。
保守サービスの詳細はこちら


SPREADでできること

WebフォームでExcelのような高機能データグリッドを実現したい

SPREADは柔軟なデータ表示と快適な操作のためのユーザーインタフェースが豊富なグリッドコントロールです。Excelと互換性のあるチャート機能、選択セルのフォーカス枠やヘッダのハイライト表示などExcelライクな操作性、ページングやソート、行のフィルタリング、行や列の固定、列ヘッダのドラッグ&ドロップでの移動、グループ化など、グリッド系コントロールに求められるこれらの機能をプロパティ設定や簡単なコーディングで実現します。また、SPREADはExcelファイルだけではなくCSVやPDFといったさまざまなファイル形式と連携することができるため、SPREADで編集および分析したデータを各種ファイルに出力といった業務処理も可能です。

画像「豊富な機能」 豊富な機能

日本仕様の入力支援機能を提供するInputManとの連携によりセルの入力値検証、ファンクションキーの利用が可能です。
[製品情報]-[InputMan for ASP.NET 8.0J]はこちら


開発効率を高めたい

SPREADに付属するGUIデザイナにより、ノンコーディングでグリッドのデザインやセル型の設定を行えます。機能ごとに用意されたダイアログやVisual Studioでも馴染みのあるプロパティグリッドにより、セルの書式、罫線や背景色、フォントなど各種の外観スタイルを直観的に設定できます。アプリケーション開発において時間を要するデザイン作業を大幅に軽減し、開発効率を飛躍的に高めます。また、jQueryのサポートによって、これまでより少ないコーディング量でクライアント側スクリプトの実装が可能。コーディングエラーを防ぎ、生産性の高いWebアプリケーション開発を可能にします。

画像「SPREADデザイナ」 SPREADデザイナ

ブラウザ上でダッシュボードを実現したい

SPREADがサポートするチャートは90種以上にもなり、コントロール内外と問わずWebフォーム上の任意の位置に配置が可能です。複数のチャートをSPREADコントロールに配置しエンドユーザーが自由に移動やリサイズできるダッシュボードのようなアプリケーションや、チャートコントロールをWebフォーム上の決められた位置に配置しグリッドの補助的や役目として使用することも。SPREADのチャートはExcelのチャート(グラフ)と互換性があり、オブジェクトの構造や書式を保ったままExcelファイルのインポートおよびエクスポートができます。


ストレスのないWebアプリケーションを構築したい

Webアプリケーションでの最大の課題はパフォーマンスです。たとえ要件を満たしたアプリケーションであっても、パフォーマンスによっては、ユーザーエクスペリエンスは向上しません。SPREADには1画面に表示するデータの行数を設定するページング機能、垂直スクロールバーを動かすことで次ページに移動する仮想ページング機能、データを順次ロードするロードオンデマンド機能を搭載しています。これらの機能はコールバックにより実現できるため画面全体を再描画する必要がなく、データ量が多いときでもエンドユーザー側に待ち時間を感じさせることなく、ストレスのない操作性を実現します。

WebサイトではSPREADのパフォーマンスを最適化するガイドラインを公開しています。
SPREAD for ASP.NET パフォーマンスガイドライン


クライアント側で柔軟な操作性を実現したい

SPREADが提供するクライアント側スクリプト機能により、サーバーと通信することなくフォントや色などのデザインを自由に変更することや、セルの値の取得や設定、アクティブセルの移動などさまざまな操作を実現できます。また、ユーザー操作に応じて発生するクライアント側のイベントや、各種キー操作に割り当てられるアクションなどが用意されており、対話性の高いユーザーインタフェースを持ったWebアプリケーションを提供できます。


業務データをExcelファイルで活用したい

SPREADはExcelファイル用の独自入出力エンジンを搭載しています。そのため、サーバーサイドにExcelをインストールすることなく、既存のExcelファイルをSPREADに読み込んだり、SPREAD上のデータをExcelファイルにエクスポートしたりすることができます。Excel形式の各バージョンに対応しているので、これまでのExcelの資産を無駄にすることなく幅広い環境で活用できます。入出力時にはExcelのチャートや画像、関数を含む数式、セル結合や罫線、フォントやセルの色といった書式も維持されるため、Excelと業務アプリケーションのスムーズなデータ連携を実現します。


Webアプリケーションで表計算関数を利用したい

SPREADは日付、財務、統計、検索、文字列などさまざまな業種や職種で活用できる300種以上の実用的な関数を提供しています。数式入力と組み合わせて利用することで、高度な集計処理を実現します。数式はExcelファイルの入出力時にも形式が保たれるためExcelとのデータ連携がスムーズです。ほかにも数式の結果が目的の値になるように式のパラメータを逆算するゴールシーク機能を用意。統計処理や財務処理など多くの演算が必要となるWebアプリケーションに強力な表計算機能を提供することができます。


さまざまなブラウザ、デバイスで使用したい

SPREADでは、Internet Explorerのほか、Microsoft Edge、Chrome、Firefoxでの利用もサポートします。また、iPadやiPhoneでの動作にも対応しています。タブレットやモバイルデバイスでの操作にも柔軟に対応し、データ表示、文字入力および各機能の使用が可能になります。また、タッチ操作によりページが拡大される場合も、コントロールのレイアウトが崩れることなく表示されます。

画像「クロスブラウザ対応」 クロスブラウザ対応
このページの先頭へ