サポート&サービス

Home > サポート&サービス > ライセンス認証 > ライセンス手続き

ライセンス認証

.NET製品のライセンス認証(ソフトウェア・アクティベーション)の方法について説明しています。
また、一部製品のライセンスキーの申し込みやバージョンアップ申請、オフライン アクティベーションの申し込みなど、各種ライセンス関連の手続きやお問い合わせなどもこちらで受け付けています。

ライセンス手続き

.NET 製品
ActiveReports デザイナ配布ライセンスキーの申し込み

ActiveReports for .NET Professionalに収録されているDesignerコントロールを使用して開発したアプリケーションを配布する場合に必要となるライセンスキーを申請できます。ActiveReports for .NET Professionalの開発ライセンスとは別に申請が必要ですので、下記のページにある専用フォームからライセンスキーの申し込みを行ってください。

LEADTOOLS 製品
17.5J ライセンスキーの申し込み

画像処理用コンポーネント「LEADTOOLS 17.5J」を使用してアプリケーションを開発する場合、また、開発したアプリケーションを配布する場合に必要となるライセンスキーファイルを申請できます。「ライセンスキーファイル」の組み込みを行わないと、LEADTOOLSは製品版として動作しませんのでご注意ください。
申し込みが必要になる製品とバージョンは以下のとおりです。

  • LEADTOOLS 17.5J Imaging Proシリーズ 初版
  • LEADTOOLS 17.5J Document
  • LEADTOOLS 17.5J Plug-In

※ LEADTOOLS 16.5J以前のバージョンならびに、LEADTOOLS Imaging Proシリーズ SP1以上をご利用のお客様は不要です。

18.0J ユーザーライセンスのアクティベーションの申し込み

製品をインストールするには、アクティベーションを行う必要があります。
インターネットに接続しているオンライン環境上に製品をインストールする場合、セットアップ時にアクティベーションが行えます。しかしながら、オフライン環境の場合、セットアップ時に生成したLTSDKCode.txtの内容を以下のフォームから送信して、アクティベーションを申請する必要があります。申請後、グレープシティから入手した「アクティベーションコード」を利用して、製品をインストールするマシン上で、アクティベーションを完了させてください。

18.0J ランタイムライセンス(コアサーバー)のアクティベーションの申し込み

開発したアプリケーションをサーバー上に配布する場合、サーバー上でアクティベーションを行う必要があります。
インターネットに接続しているサーバー上に配布する場合、製品付属のアクティベーションツール(LTLicActivator.exe)をサーバー上で使用してアクティベーションが行えます。しかしながら、サーバーがオフライン環境の場合、アクティベーションツール(LTLicActivator.exe)で生成したマシンIDを以下のフォームから送信して、ランタイムライセンス(コアサーバー)のアクティベーションを申請する必要があります。申請後、グレープシティから入手したランタイムライセンス(コアサーバー)のアクティベーション情報が埋め込まれたライセンスファイル(.lic)を、配布先のサーバーへ配布してアクティベーションを完了させてください。

18.0J ランタイムライセンス(コアサーバー)のディアクティベーションの申し込み

ランタイムライセンス(コアサーバー)のアクティベーションを別のサーバーへ移す場合、アクティベーション済みのランタイムライセンス(コアサーバー)をディアクティベーション(ライセンス解除)する必要があります。
ランタイムライセンス(コアサーバー)のアクティベーション情報が埋め込まれたライセンスファイル(.lic)を以下のフォームから送信して、ランタイムライセンス(コアサーバー)のディアクティベーション(ライセンス解除)を完了させてください。

Java 製品
ライセンスキーの申し込み

Java製品を使用する場合に必要となるライセンスキーファイルを申請できます。

バージョンアップ時のライセンスキーの申し込み

Java製品のバージョンアップ版を使用するために必要なライセンスキーを申請できます。
現在ご使用になっているJava製品がプレミアムサポートの期間内である場合に限り、「最新バージョンへのバージョンアップ」を行うことができます。

ホスト名変更の申し込み

Java製品のホスト名の変更を申請できます。ホスト名の変更は、現在ご使用になっている製品がプレミアム/ゴールドサポートの期間内である場合に限り、契約期間中の1年間に1回申請を行うことができます。

このページの先頭へ